ページガイド
トップページ » 中京重機株式会社 » ピン孔磨耗の再生施工

中京重機株式会社修理実績

ピン孔磨耗の再生施工

重機のような機械やクレーン・トング等の工場設備等の可動箇所にはピンが軸の役割を果たすために差し込まれます。
そして挿入・脱着を可能にするためのピン孔に設定されているクリアランス(遊び)が用意されているのが常です。

現場で負荷の高い作業が続く厳しい使用状況下ですと、クリアランスの中でピンが何度も穴の中でピン孔にぶつかり、ピン孔の摩耗が進行してしまいます。
するとブームフロント等のガタつきにより機械が傷んだり、騒音で近隣から苦情が寄せられたりします。

中古重機を長年取り扱ってきた中京重機では、経験と知識を基に、これまで難しいとされていたピン孔磨耗の再生施工(まる盛くん)をおこなっています。

これまでの肉盛り溶接の作業は手作業でしたが、自動溶接肉盛り加工を採用したため、作業時間と精密な仕上がりを両立しています。
施工箇所ですが、アタッチメントの取り付けピン孔やシリンダー取り付け部等のヨコ穴、アウトリガーの竪穴も施工できます。
(油圧ショベルのアーム・ブームシリンダーの取付ピン孔、ホイルローダのアーム連結ピン孔、バケットピン孔・鉄骨カッター・クラッシャーなどアタッチメントのセンターピン孔)

このピン孔再生施工は、ボーリングマシンを持ち運び可能にするために出張修理をおこなうことができます。
止めることができない機械や作業現場での加工もできるのです。
(別途出張料金が発生します)

再生可能な穴の大きさは60φ~400φとなっておりますので、幅広いサイズの重機のピン孔補修に対応ができるのではないでしょうか?

作業風景

使用経過により基準値よりかなり大きくなった穴

これから補修する孔の写真

切除機で真円を出す

切除機にセットして真円を出しているところ

自動溶接機で肉盛りしていく

拡がった穴を狭めるために金属で盛っているところ

仕上げ寸法まで切除して完成

一旦盛った状態から正常なサイズまで切除し完成したところ

このまる盛り君の施工実例は中京重機Webサイトで掲載しております。
ご興味がある方はご一読ください。
https://www.chukyo-juki.co.jp/service/bearing/marumorikun/

対応企業
中京重機株式会社
〒465-0057 愛知県名古屋市名東区陸前町1705
TEL. 052-701-5188 / FAX. 052-701-5194
【修理・整備受付窓口】
TEL. 052-701-5191 / FAX. 052-701-5193

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。