ページガイド
トップページ » 中京重機株式会社 » 自走式木材破砕機MC-1000スクリーン修正

中京重機株式会社修理実績

自走式木材破砕機MC-1000スクリーン修正

今回修理した諸岡製中古木材破砕機MC-1000

MC-1000は、諸岡では最小クラスの自走式木材破砕機ですが、破砕ビットがスクリーンに接触してしまうというトラブルが発生しました。

破砕ビットがスクリーンに接触している様子

MCシリーズは固定刃と固定プレートを外した後 左右からスクリーンを差し込む機構が採用されており、更にMC-1000は左右でサイズが異なるスクリーンが設定されています。
そのためスクリーンの弧にズレや変形があると破砕ビットに接触します。
スクリーンの孤のズレに対しては、スクリーンの弧を調整、土台も切削して調整を行います。
その後、仮組を行い、ビットとの接触状況を確認→再度の弧と土台の調整を繰り返していきます。

交換した破砕ビット

その他、ドラムシャフト周りのベアリング、破砕ビットの交換もおこなっています。

このMC-1000の整備の詳細説明は中京重機ブログで掲載しております、ご興味がある方はご一読ください。

施工場所(発注元)
愛知県内
対応企業
中京重機株式会社
〒465-0057 愛知県名古屋市名東区陸前町1705
TEL. 052-701-5188 / FAX. 052-701-5194
【修理・整備受付窓口】
TEL. 052-701-5191 / FAX. 052-701-5193

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。