ページガイド
トップページ » 株式会社日向精工 » ベルトグラインダー修理

株式会社日向精工修理実績

ベルトグラインダー修理

20年前に導入した自社製の製造ライン。
いろんな機能を追加したり、修理したりしながら使用していただいています。

今回は、ラインの一部で使用されているベルトグラインダーの駆動側軸受部の修理です。
ベルトグラインダーとは、キャタピラーのように繋がれたサンドペーパーを連続的に循環させることで研磨を行い、広い面が一気に研磨できるものです。

今回の症状は、グラインダーがうまく動作しないという状況なのですが、原因はドライブシャフトの摩耗になります。
通常、こういったグラインダーは常時駆動させることは珍しいので、シャフトが摩耗するほど使いこむこともあまりないのですが、今回のケースは製造ラインの一ユニットとして使われていますので、ここまで使いこむ形になりました。

製造ラインを長く止めるわけにはいきませんので、最短での復旧が重要となります(大概そうですが)。

1.客先より引き上げ社内で組替え作業を行います。
ラインから引きあげたグラインダー

2.ドライブシャフトの摩耗で上手く動作しません。(新旧比較有)
シャフトの新規製作とハウジング内のベアリング交換をします。
グラインダーをばらしたところ
摩耗したシャフト(左)と新規製作したシャフト(右)

自社製の製造ラインですので、シャフト他の交換部品をあらかじめ準備ができたこともあり、生産が著しく滞ることなく作業完了となりました。

摩耗による動作不良に至る前に、前兆があると思います。
第一に異音、第二にペーパーのずれです。
仕組み上、駆動のローラーとテイクアップローラーがうまくかみ合わない場合、上記の異音やずれが生じます。
この前兆に気づいていただければ、完全に動作が止まってしまう前に原因を突き止め、部品を用意した上で修理ができますので、ラインを止める時間は短くすることができます。

弊社では、これまでに培った経験に基づき、お客様にはより良いご提案とサービスを提供し続けていきます。

施工場所(発注元)
山梨県甲府市
対応企業
株式会社日向精工
〒406-0854 山梨県笛吹市境川町寺尾3773
TEL 055-266-4137/FAX 055-266-4168

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。