ページガイド
トップページ » 株式会社日向精工 » シャーリングマシンの刃物研磨

株式会社日向精工修理実績

シャーリングマシンの刃物研磨

今回は「シャーリングマシン」の刃物の研磨についてです。
シャーリングとは、ハサミと同じ原理で上刃と下刃の間の製品を切断するせん断加工のことです。
切れ味が悪くなりはじめたら刃物の再研磨をします。

鉄製の刃物、全長600mm程です。分かりづらいですが刃先がダレております。

  • 刃物
  • 刃先のダレ

平面研削盤で刃先を研磨します。

鋼材の切断でなくても、繰り返し作業しているといずれ切断能力が落ちていきます。
大概スペアの刃物をご準備しており、入替えで作業してるところが多いですが、スペアがない場合にはいざという時に使えないと不便ですので、お早目の研磨をお勧めします。

平面研磨機は刃物だけでなく、板状の部材に対して厚みの精度を出すために使っています。
デジタル化された機器ではないため、ハンドルを徐々に操作しながら1/100mm単位の精度を出していきます。
職人の経験に裏打ちされた技術により、お客さまに信頼していただける成果物を納品しています。

弊社では、その他チップソーや丸物の抜刃等の再研磨を請け負っておりますので、お困りの際はご相談ください。

施工場所(発注元)
山梨県内
対応企業
株式会社日向精工
〒406-0854 山梨県笛吹市境川町寺尾3773
TEL 055-266-4137/FAX 055-266-4168

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。