機械修理業者様 募集中
ページガイド
トップページ » 株式会社茂呂製作所 » シャフトの再生 その2

株式会社茂呂製作所修理実績

シャフトの再生 その2

前回に引き続きシャフトの再生です。

シャフトや軸ですが、ベアリングの破損やオイルシールとの摩擦で、大きなくぼみが発生した場合は溶射では対応できない場合があります。
その際の再生方法に新しいスリーブ作って「焼嵌め(やきばめ)」による篏合を行います。

焼きばめ前
 【焼嵌め前】

まず、元の軸の摩耗部分以上に細く削ります。
そして、再生用のスリーブを製作します。
スリーブは、その軸に合わせ、削った内径・元の外径に合わせ制作します。
その際、削った軸の外径に対しはめるスリーブの内径は僅かに小さく制作します。

当然そのままでははまりませんので、はめる際にはスリーブを数百度に加熱します。
そして、加熱したスリーブを数秒で装着します。

この技術は、高い加工精度と装着の熟練度が必要です。
装着の際にモタモタしていると装着の途中で動かなくなってしまいどうにもならなくなる場合があるからです。

この手法をとると、強固かつ再度の再生が可能な修理方法となります。
軸の形状や用途により可否はありますが、軸の破損の際にはぜひご検討ください。

焼嵌め後
【焼嵌め後】

施工場所(発注元)
山梨県内
対応企業
株式会社茂呂製作所
【本社】
〒407-0001 山梨県韮崎市藤井町駒井3169
TEL 0551-23-3366/FAX 0551-23-6644

【関西営業所】
〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋3丁目8-14
フェスタ天神 3階 303号室
TEL. 090-8877-1441

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。

お問い合わせ