ページガイド
トップページ » 株式会社茂呂製作所 » 株式会社茂呂製作所 修理にかける想い

株式会社茂呂製作所
修理にかける想い

【機械修理.com】から茂呂製作所へインタビュー

P5010998

代表取締役 茂呂 哲也

修理にかける想い
中小零細企業は特に、簡単に新しい機械に切り替えるほど資金が豊富ではない。機械の不調が原因で目に見えて落胆しているお客さんが笑顔に変わる、その瞬間が見られることは、新しいものを生み出すこととは違った喜びがある。
最新の技術や新しいものを作り出すこともやっていきたいが、今できることとして最上級のサービス提供だと思っています。

【機械修理.com】立ち上げに携わったきっかけ
機械の修理は人に例えると、手術をすることと同じ。大規模な手術を必要とするまで放っておかないで、日々のメンテナンスで健康を維持することが大切。ではその管理を誰に任せるかと言ったら、知らない町医者に手術は頼まない。信頼できる技術を持っている業者に頼むことが大切。そのために各分野のスペシャリストで手を組んで、お客様に最高のサービスを提供できる環境を用意することが必要だと考えました。それぞれが協力していくことで無限の可能性が生まれる、協働することで人的コストを抑えることもできる。そんな想いを形にしたのが機械修理.comです。

ものづくりに対する想い
機械設備が高度化し、手じゃなければできないと言われていたものが機械で実現できるようになってきましたが、人間の手に勝てないものは必ずある。団塊の世代と呼ばれる先人たちの技術を継承する体制を整え、コストで勝負するのではなく、技術で勝負していきます。
町工場で技術を持っている人はたくさんいます。その素晴らしい技術をもっている方とネットワークを組んで、技術を継承できる場を作りたい。自社にも、自分が生まれる前から勤務してくれているベテランの素晴らしい技術者がいる。技術を学びたい若者とベテラン技術者とをつないで、日本が誇る技術を残していきます。

会社が目指す姿
自社の目指す道は『納期日本一。どこよりも早い。』
それだけではなく、山梨の地で製造業者さんのハブとなり、何かあったらつなぐ役割、起点となる会社。情報が集まることが重要。そのためには信頼を勝ち得ることが必須です。いい加減な仕事をしていたら情報は集まらないですから。

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。