ページガイド
トップページ » 株式会社長田加工 » PE(ポリエチレン)、PP(ポリプロリレン)タンクの溶接修理

株式会社長田加工修理実績

PE(ポリエチレン)、PP(ポリプロリレン)タンクの溶接修理

PE(ポリエチレン)やPP(ポリプロリレン)のタンクから液漏れしてしまい困ったことはありませんか?

特に成形品の場合は、長年使っていると接合部分や力の加わる箇所からヒビが入り、液漏れしてしまうということがよくあります。

コーキングや接着剤で応急処置をしてもすぐに液漏れしてしまい、結局新しい物を買わなければいけないか、機械に組み込まれている物だと既に生産中止になっていて代替え品がなく、機械そのものが使えなくなってしまうということもよく耳にします。

そんな時には応急処置をする前に当社にご相談ください。
加工品、成形品問わず材質さえ判れば溶接にて修理することが可能です。

ただしコーキングや接着剤を使って修理してしまうと、溶接棒がうまく付かないため加工が困難になってしまい、必要以上に工賃がかかってしまいますので、修理する前に相談していただくことをオススメします。

また、大きいものなら現地での作業も可能となっています。

何はともあれあきらめる前に一度当社にご相談ください。

施工場所(発注元)
自社営業品目
対応企業
株式会社長田加工
〒400-0112 山梨県甲斐市名取494-2
TEL 055-276-1679/FAX 055-279-0980

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。