ページガイド
トップページ » 株式会社長田加工 » ポリエチレン(PE)タンク溶接修理

株式会社長田加工修理実績

ポリエチレン(PE)タンク溶接修理

「ポリエチレン(PE)タンクに穴が開いてしまい、液が漏れてしまうので修理をできないか」という依頼があり対応を致しました。
おそらくタンクが擦れる部分なので、ちょっとした打痕と摩耗によるタンクの板厚の減少が原因かと思います。

ポリエチレン(PE)タンクの液漏れ部分

汚れを取り溶接で穴埋めをしますが、板厚が薄くなっている為溶接が非常に難しくなっています。
慎重に作業しないとさらにタンクを痛めてしまう可能性があるので、繊細な技術が必要となります。

ポリエチレン(PE)タンク修理後

傷んだタンクを使用し続けると修理が難しくなり、最悪のケースでは修理できない状態になってしまう事もあります。
液漏れ等を発見した場合には早めの対応をお勧めします。

施工場所(発注元)
山梨県内
対応企業
株式会社長田加工
〒400-0112 山梨県甲斐市名取494-2
TEL 055-276-1679/FAX 055-279-0980

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。