ページガイド
トップページ » 株式会社シュウワエンジニアリング » 下水処理施設のレデューサー改造取付とノズル交換

株式会社シュウワエンジニアリング修理実績

下水処理施設のレデューサー改造取付とノズル交換

今回のご依頼は、群馬県内の下水処理施設様からのものでした。
不具合の内容は下記のようなものです。

  • レデューサーの圧縮能力不足
  • 圧縮不足の為、焼却にとても時間がかかってしまう
  • ノズル老化の不具合により、効率よくガスを放出しない 

 

機能改造作業

レデューサーは下水処理の際に汚泥を圧縮する目的で設置される圧縮設備です。

圧縮してから焼却することで、速やかに汚泥を除去できます。
ノズルは焼却に必要なガスを放出するための設備です。

機能改造は、設備を構成する部材や機器の手配・設置・交換・加工が主となります。
部材や機器により、その劣化特性が個々に異なることから、劣化の状況に応じた対応を行う必要があり、まずはその見極めが重要になります。
今回は上記2つの設備の劣化が進んでいたため、新品に交換することで、不具合を解消します。

案件作業範囲

改造、分解、整備、部品交換、組立取付設置、試運転調整

レデューサー仕様

機長4000mm
機幅1500mm
駆動装置22.5φ
寸法B380mm
寸法C170mm
寸法E190mm
寸法P125mm

参考イメージ図

整備前

写真中央の円い設備がレデューサーです。

整備中

整備後

レデューサーは角パイプと接続し、その上で丸パイプ内に収めてあります。

【レデューサー整備内容】
高機能な新品と交換することで、機能改善します。
ただし、既存の設備と形状が異なるため、接続には苦労します。

  • 角パイプのつなぎ目にスペーサーやボルト等の部品を交換して調整
  • レデューサーはパイプ部分を切断し、切断箇所にスペーサーを入れ角パイプと接続
  • レデューサーが直接露出しないように、丸パイプ部を製作して取り付け

 

【ノズル整備内容】
傷んでいたノズルを新品と交換しました。

 

【試運転調整】
装置を稼動させて「レデューサー」「ノズル」が正常に動作する事を確認しました。
処理物がレデューサーの間を通りしっかりと圧縮することを確認しました。

 

作業ポイント

レデューサーの形状変更により、パイプ部の切断・スペーサーを用いたパイプ接続部調整など、微妙な調整が必要な作業が多数発生しました。
その他通常の点検整備以外に、補強材による加工を行いましたが、設置場所や環境の制約から試行を繰り返しつつ対応しました。

シュウワエンジニアリングでは、組立作業全般に対して「ISO9001:2000品質マネジメントシステム」の認証を取得しています。
今回は多くの取り扱い実績による経験と、確かな技術力を活かせた案件と言えます。

施工場所(発注元)
群馬県内
対応企業
株式会社シュウワエンジニアリング
【本社】
〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

【組立工場】
〒370-0874 群馬県高崎市中豊岡町783

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。