ページガイド
トップページ » 株式会社シュウワエンジニアリング » 給気・排気ファン点検整備

株式会社シュウワエンジニアリング修理実績

給気・排気ファン点検整備

工場内の設備に対する点検整備を承りました。

設備・装置

対象の設備は給気、排気ファン16台です。
継続的な定期点検の作業です。

「案件装置」

メーカー大日本風力
型式DTH-PWO
風量110㎥/min
風圧450mmAg
回転2800rpm
出力15kw
  • 芯出し作業1-1芯出し作業1
  • 芯出し作業1-2

作業内容

  • 給気、排気ファンの点検整備を行いました。
  • ファンベルトの交換作業を行います。
  • ファン軸受けの点検整備
  • 軸受けへの給油も行います。
  • 磨耗が激しいものは送風機軸受けの交換を行います。

 

点検結果

  • モータプーリーに磨耗が見られました。
  • モータプーリーのVベルト底に干渉が見られました。
  • モータ軸受けから異音が発生していました。

 

整備内容

  • ファンベルトの交換
  • 軸受けへの給油
  • 送風機軸受けの交換

 

試験内容

  • 振動測定
  • 聴音測定
  • 温度測定
  • 芯出し測定
  • ベルトの通り及び張り検査

 

  • 芯出し作業2芯出し作業2
  • ベルト取り外し後ベルト取り外し後
  • ベルトの張り調整ベルトの張り調整

 

今回案件 給気・排気ファンの点検整備

給気・排気ファンの点検整備は今使っているベルトを取り外し、新しいベルトに交換しました。その際にモーターの設置部分を動かしての作業となります。その際に芯がずれてしまうので、芯出し作業が必要となります。
プーリーの摩耗具合も点検整備します。
設置後にはベルトの張りや芯がずれていないかの確認、試運転を繰り返して正常に作動するかを確認し安全の確認取れたら作業終了となります。

整備状況

  • ベルトを新品に交換
  • ベルトの芯だし作業を行いました。
  • ベルトの張り具合の調整作業を行いました。
  • ファン及びモーターのプーリーに摩耗が見られたので、今回は次回整備時に交換することをお勧めを促しました。

 

作業ポイント

手動でベルト部を回転させ、ベルトの交換によって生じた、ベルトの芯や張り具合の微妙なズレを、すべてのベルト(四本)で同じになるように調整します。
「張りすぎず」、「緩ませすぎず」で設置し、すべてのベルトを一本一本点検していきます。

施工場所(発注元)
埼玉県内
対応企業
株式会社シュウワエンジニアリング
【本社】
〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

【組立工場】
〒370-0874 群馬県高崎市中豊岡町783

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。