ページガイド
トップページ » 株式会社シュウワエンジニアリング » 冷却水ポンプのオーバーホール

株式会社シュウワエンジニアリング修理実績

冷却水ポンプのオーバーホール

冷却水ポンプのオーバーホールのご依頼をいただきました。
設置から時間が経っているため、点検して欲しいという理由からのご依頼です。
ポンプにはアパートやマンションなどで使用する小型のものから、工場、プラント用などの大型ポンプ、高圧ポンプなどがありますが、今回の点検対象は「荏原製作所」製の陸上標準型のポンプです。

  • ポンプの状態

外見から判断すると、相当時間が経過しているものと思われます。
ポンプの金属部全体にさびが確認されます。
内部はどのような状態か、心配になる状態です。

  • 分解作業から開始

分解作業から開始します。

  • カップリングボルトの状況

カップリングボルトの状況。
ナットを外そうと試みましたが、さびや劣化がひどすぎて折損してしまいました。
外に設置されているものでも、これほどまでにひどい劣化状態のものは珍しいです。

  • ケーシング内部の状況

ケーシング内部の状況。
さびやスケールが体積していました。
ここはきれいに清掃します。

  • ケーシング内部の状況

インペラー状況。
ここにもさびやスケールが体積していました。
これは清掃で使えるレベルではないため、新品に交換いたしました。

  • メカニカルシール状況

メカニカルシール状況。
さび、スケールが体積して固着していました。
この部分も新品に交換します。

  • メカニカルシール状況

モーターの分解状況。

  • モーター組立状況

モーター組立状況。
コイル内部はきれいな状態でしたので、このまま使用可能です。

  • ポンプの主軸状況

ポンプの主軸状況。
ベアリングの状態は重たくなっていました。
古くなって潤滑油が切れていたからだと思いますが、動きが重くなっていました。
この状態だと新品に交換するしかありません。
このようにならないためにも、定期的に油を差すことを推奨します。
ランタンリングも摩耗していたため交換しました。

  • メカニカルシール交換後

メカニカルシール交換後。
新品部分は光って見えます。

作業のポイント

今回のような古いポンプでも、構造を理解しているので修理が可能です。
また、全てを新しいものに交換するのではなく、使える部品は継続利用し、使えない部分だけを新品に交換することで、コストを相当抑えることができました。
メーカー様に全交換を奨められるようなケースでも、ぜひ一度ご相談ください。

施工場所(発注元)
群馬県内
対応企業
株式会社シュウワエンジニアリング
【本社】
〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

【組立工場】
〒370-0874 群馬県高崎市中豊岡町783

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。