ページガイド
トップページ » 株式会社シュウワエンジニアリング » バルブ点検交換整備

株式会社シュウワエンジニアリング修理実績

バルブ点検交換整備

インク工場で使われているバルブの分解・洗浄・点検・交換・整備を承りました。
特に不具合が感じられたということではなく、「古い機械のため点検してほしい」ということでした。

シフトとオペンで内部のドレンゲートを上下させ、水の流入量を調節できる装置です。
上部に付いているバルブを使って、インクに使う水の量を調節します。

確かに外観や動作音等から不具合が確認されるようなことはありませんでした。
そこで、分解して内部を確認する流れになります。
開けてみると、ドレンゲートに粕(カス)がたまり、ケーシングには錆が付着している状況でした。
加えて、グランドパッキンは経年劣化により硬くなり、破損していました。
この状況を放っておくと、下記のような不具合が発生することが予想されます。

  • 粕が溜まりすぎて水の流入量をうまく調整できない
  • バルブの動きが悪くなり、開け閉めがうまくいかない
  • グランドパッキンの劣化による水漏れ

この工場には2台のバルブがあるのですが、2台とも同じ条件で稼働しており、同じ症状を抱えていました。

作業内容

  • バルブ分解後は接合部(グランドパッキン部)等の錆び取りをおこないました。
  • ドレンゲートの清掃をおこなう際に、ドレンゲートに粕が付着しているため、それをインパクト等の工具で粕取りを行い清掃しました。
  • ケーシング内の錆取り、錆止め塗料を塗布しました。
  • グランドパッキンの制作を行い新品の物に交換しました。
  • ネジが錆びて耐久性がなくなっていたため、すべてのネジを新品の物に交換させていただきました。
  • 養生を行いながら塗装作業をおこないました。
  • 可動部等にグリスアップをおこないました。

作業の様子

  • 分解前と分解後分解前と分解後
  • バルブ内部とパッキン(青いものが新規で製作したパッキン)バルブ内部とパッキン(青いものが新規で製作したパッキン)
  • 作業時作業時
  • 色塗り作業色塗り作業
  • 作業完了後作業完了後

作業のポイント

  • グランドパッキンは市販品で合うものが無かったので、台数分を製作しました。
  • 既存のパッキンは劣化により正しいサイズが採寸できなかったため、機械のサイズから採寸をおこないました。
  • 接合部(グランドパッキン部)に錆が発生していて、再接合する際にパッキンのずれ等が生じてしまう恐れがあったため、しっかりと錆び取りをおこないました。
  • 粕取りをおこなう際はケーシング内部に傷などをつけないように注意して作業しました。
施工場所(発注元)
群馬県太田市
対応企業
株式会社シュウワエンジニアリング
【本社】
〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

【組立工場】
〒370-0874 群馬県高崎市中豊岡町783

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。