ページガイド
トップページ » 株式会社シュウワエンジニアリング » パイプ工場 ローラー・モーター交換作業

株式会社シュウワエンジニアリング修理実績

パイプ工場 ローラー・モーター交換作業

パイプ製造工場で使われている設備の保全分解修理を承りました。
鉄管を加工する際に、加工機へ送り出す為の装置で、「ローラーが摩耗してしまったので交換してほしい」とのご依頼です。

確認したところ正常に作動はしていたのですが、ローラーの摩耗がこれ以上進んでしまうと、正常に作動しなくなる恐れがあります。
今回の対応は不具合が出る前の保全作業なので、ローラーの交換及び、モーターの交換をおこなうことになりました。

作業内容

  • ゴムローラーの交換
  • ローラー部ベアリング交換
  • ゴムローラーを動かす為のモーターの交換
  • ゴムローラーの高さの調整
  • ローラー部の土台加工
  • ベアリング交換やボルト交換と可動部へのグリスアップ

整備状況

  • パイプをゴムローラーを使って送り出す装置です。
    こちらの写真では摩耗してしまっています。
  • ゴムローラーの接続部のボルトを取り外したあと、クレーンではつりゴムローラーを取り外します。
    重量物を取り扱う際には注意が必要です。
  • オートレベル(測量機器)ですべてのゴムローラーの高さをスペーサー等で均一に調整します。
    ゴムローラーは全部で5台ありその上に長いパイプを乗せて送り出すため、すべてのローラーの高さが均一でないとローラーがパイプと設置せず空回りしてしまい、ローラーが機能していないことになってしまいます。
  • ゴムローラー部のベアリングを新しい物に交換しました。
  • 接合部のボルトは新しい物に交換しグリスアップをしました。
  • ゴムローラーを一つひとつ動かす為のモーターを、新しい物に交換しました。

試運転調整

同じローラーの装置が数台あるので、それら一つひとつがパイプと接触しているかを確認します。
また、スイッチを押すと同時に作動し、パイプをしっかりと送り出せているかを確認し作業終了になります。

作業を終えて

今回の作業のポイントは、主に下記の2点です。

  • 重量物をクレーンではつりながら慎重に取り扱う
  • オートレベルを用いて高さを均一にする

また、基本的なことですが、接合箇所のボルトを締める際には対角線上に締めて均等に締力がかかるようにしました。
均一にしておかないと1ヶ所だけに締力が集中してしまい、外力がかかった時などにそこが破損してしまうことがあります。
今回は不具合が発生する前にご依頼いただいたので、作業工数も少なくて済みました。
摩耗品の交換のタイミングはご利用環境に左右される為、定期的にご確認いただき、不具合が発生する前にお声掛けください。

施工場所(発注元)
群馬県高崎市
対応企業
株式会社シュウワエンジニアリング
【本社】
〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

【組立工場】
〒370-0874 群馬県高崎市中豊岡町783

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。