ページガイド
トップページ » 株式会社シュウワエンジニアリング » 鋼管材加工工場リフター保全修理

株式会社シュウワエンジニアリング修理実績

鋼管材加工工場リフター保全修理

鋼管材加工工場で使われている、空気圧力で上下するリフターの部品交換保全作業を承りました。
これは、定期的に行われる保全作業になります。
今回は事前に「リフターのシリンダーの動きが鈍くなってきた」という情報をいただいていました。

作業前所見

ローラーコンベアーの下に取り付け空圧でリフターを上下させる為の機器(シリンダー)です。

拝見したところ、通常ならシリンダーに圧力をかけるとスムーズに上がりきるのですが、圧力をかけても上がる速度が遅く、上がりきらない状態でした。
原因は「圧力ホースのひび割れ」や「シリンダーの老化による圧力漏れ」によるものでした。
鋼管材をリフターで上げ、鋼管材を回しながら加工作業を行う機器なので、リフターが上がらない限り作業が出来なくなってしまいます。
また、リフターがすべて上がりきっていない状態では、鋼管材が脱落する危険などもあるかと思います。

部品が老化してしまっているので、この状態を解消するには新品への交換しかないと判断しました。
依頼主様と相談した結果、シリンダーの交換とそれに付随する部品を新品の物に交換することになりました。

作業内容
    • シリンダーの交換
    • スペーサーの交換
    • 圧力ホースの交換
    • 接合ネジの交換
    • 可動部へのグリスアップ

整備状況

保全修理するため空圧シリンダーをクレーンを使いはずしました。

圧力ホースがひび割れで空圧が漏れる可能性があるので取り外し、新しい圧力ホースに交換を行いました。

圧力ホースを交換するときに接続部にシールテープを巻きました。

新しいシリンダーを取付ける際に土台の清掃を行い、スペーサーを取付け土台に設置を行いました。
この時に土台とシリンダーの間に異物があると、しっかり取付ができないため、ごみや粉じんは丁寧に取り除きます。
また、シリンダーの接合箇所のボルトを締める際には対角線上に締めていき、均等に締力がかかるようにします。

圧力ダイヤルで圧力の調整を行い、リフターが左右同時均一に上下するように調整を行いました。
リフターを上下させる際に左右どちらかが早く上がりすぎたりしたりすると、斜めになってしまったり上がりきらなかったりして危険な為、左右同時、同じ速度で上下することが重要です。

試運転調整

  • 空圧を送った時に圧力漏れがないか
  • 左右の同じシリンダーが同時に作動し同じスピードで上下するか

上記に注意し、正常に運転することを確認しました。
また、圧力ホース取り付け部から空気漏れが無いことを確認しました。

本件のポイント

定期的に点検を行うことで圧力が漏れている等の不具合を早期発見でき、対応できると思います。
社内での定期点検が難しい場合には代行で承りますので、お気軽にご連絡ください。

施工場所(発注元)
群馬県内
対応企業
株式会社シュウワエンジニアリング
【本社】
〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

【組立工場】
〒370-0874 群馬県高崎市中豊岡町783

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。