ページガイド
トップページ » 株式会社シュウワエンジニアリング » 集塵機ダクト交換修理

株式会社シュウワエンジニアリング修理実績

集塵機ダクト交換修理

工場の設備の集塵機に付いているダクトホースのシール交換と保全作業を行いました。

状況確認

ダクトが破損し粉塵が漏れているという事で現場調査をしたところ、ダクトホースとシール材が破損していました。
「粉塵漏れの原因はダクトホースの破損とダクト接合部のシール材の破損」だとお伝えしたところ、修理のご依頼をいただきました。

通常はダクト接合部から粉塵が漏れることはないのですが、シール材の破損により接合部から粉塵が漏れてしまっていました。
その為吸引力も弱くなってしまい、粉塵を吸い込まない状態になってしまっていました。
ダクト接合部のホースと接合管を取り外して確認をしたところ、ホースに穴が開いていて、さらに接合管の接合部のシール材が破損していました。
長い間使っている間に粉塵を吸い込む際に一ヶ所に粉塵が当たるため、その部分が削れてしまっているような状態でした。

この状態で作動すると粉塵が漏れて工場中にまき散らしてしまうことになり、粉塵でその他の機器にも影響が起こりえます。
早急に対処する必要があります。

整備状況

ダクトホースを外し綺麗に清掃します。
(ホースの接合部は片側ずつ違う形状になっています。)

用意した新しいダクトホースを適度な長さ(5m程度)に切ります。

ダクトホースを接合管に取り付けます。
取り付け時とてもきつかったので、潤滑油をつけてダクトホースを取付けました。

接合管を取付けます。
片側はその際にチェーンブロックを使って取付け、最後にクランプを絞めつけました。
もう一方はダクトホース取り付け時に新しいシール材を一緒に取り付けました。

試運転の結果粉塵の漏れや空気漏れもなくなりスムーズに動くようになりました。

再発防止のアドバイス

このようなダクトホースはどうしても劣化してしまうため、定期的に交換を行うことで、このような症状も未然に防ぐことができます。
予防するためには、接合箇所を重点的・定期的にチェックを行うことで、すぐに不具合が発見できると思います。

施工場所(発注元)
群馬県内
対応企業
株式会社シュウワエンジニアリング
【本社】
〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

【組立工場】
〒370-0874 群馬県高崎市中豊岡町783

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。