ページガイド
トップページ » 株式会社シュウワエンジニアリング » リフター保全作業

株式会社シュウワエンジニアリング修理実績

リフター保全作業

鋼管材加工工場で使われている、空気圧力で上下するリフターの部品交換保全作業を承りました。

状況確認

ローラーコンベアーの下に取り付け、空圧でリフターを上下させる為の機器(シリンダー)です。
リフターのシリンダーの動きが鈍くなってきていたので点検を行い、悪くなっているものは修理して欲しいというご依頼でした。

機器から外されたシリンダーの写真です。

シリンダーに圧力をかけると、通常はスムーズに上がりきるのですが、圧力をかけても上がる速度が遅く上がりきらない状態でした。
また、2つのシリンダーが同時に上昇・下降して鋼管材を支えるため、その際に高さにずれが生じることで鋼管材の供給がうまく機能しません。

原因は圧力ホースの空気漏れや、シリンダーの劣化に伴う圧力漏れによるものでした。

鋼管材をリフターで上げ、鋼管材を回しながら加工作業を行う装置のため、鋼管材が上がらないと作業ができなくなってしまいます。
また、左右のリフターが同時に動作しないと、鋼管材の脱落の危険などもあると思います。

解決策としては、今回は部品の劣化が原因であるため、新品に交換するという選択肢以外にはお勧めできません。
ご依頼主さまと相談した結果、シリンダーとそれに付随する部品を新品に交換することとなりました。
消耗品ですので、これが最善のご判断かと思います。

作業内容

  • シリンダーの交換
  • スペーサーの交換
  • 圧力ホースの交換
  • 接合ネジの交換
  • 可動部へのグリスアップ

整備工程

機器からホースやネジ類を外しているところの写真です。

作業1.取り外し
保全修理するためホースやネジ類をはずしました。

圧力ホースを取り付けているところの写真です。モンキーという器具を使い、2人がかりで作業を行っています。

作業2.圧力ホース交換
圧力ホースがひび割れで空圧が漏れるおそれがあるので取り外し、新しい圧力ホースに交換を行いました(取外し前)。

新品の圧力ホースを取り付けている写真です。接合部の密着度を高めるための白いシールテープが見えます。

作業2補足.シールテープ巻き付け
圧力ホースを交換するときに接続部にシールテープを巻きました。
シールテープをネジ山部分に巻き付けることで、接続部分の密着度が増し、空気の漏れを防いでくれます。

シリンダーにスペーサーと呼ばれる部品を取り付けたところの写真です。新品ではありませんが、まだ使える状態です。

作業3.スペーサー取り付け
メンテナンスしたシリンダーにスペーサーを取付け、土台に設置しました。

作業4.試運転調整
空圧を送った時の圧力漏れがないか、左右のシリンダーが同時に作動し同じスピードで上下するかなど確認しました。
いずれも異常がなかったので作業終了となりました。

再発防止のアドバイス

どんな機器にも言えることですが、定期的に点検を行うことが重要です。
圧力が漏れている等の症状が早期発見ができ、対応できると思います。

施工場所(発注元)
群馬県内
対応企業
株式会社シュウワエンジニアリング
【本社】
〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

【組立工場】
〒370-0874 群馬県高崎市中豊岡町783

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。