ページガイド
トップページ » 株式会社シュウワエンジニアリング » コンプレッサーのブロワ整備

株式会社シュウワエンジニアリング修理実績

コンプレッサーのブロワ整備

工場で使われているブロワから異音がするという事で、お問い合わせをいただきました。

状況確認

現場調査をしたところ、確かに異音がします。
修理経験などから推測すると、軸受けの摩耗からくる異音だと思われます。
分解調査してみたところ、ころがり軸受けが摩耗していました。
経年劣化によるものと思われます。

ころがり軸受けに摩擦や異音がしてしまっているということは、その箇所が熱を持ち、油などが切れて、最悪ブロワが壊れて止まってしまうことになります。
消耗品のため、交換修理が順当な判断と考えます。

機器の状態と修理方法、お見積もりを依頼主様にお伝えしたところ、修理をご依頼いただきました。

作業内容

  • ブロワの分解作業
  • ころがり軸受け(ベアリング)の交換
  • ベルトの張りかえ交換作業
  • 芯出し作業
  • バランス調整

整備工程

今回ご依頼いただいたブロワの写真です。

作業1.調査
こちらの軸受けが摩耗してしまっていて異音が発生してしまう状況になってしまっていました。

ブロワを分解したところの写真です。

作業2.分解
修理するためにベルト等の装置の分解を行いました。

ころがり軸受を交換しているところの写真です。2人がかりで手に工具を持ち、作業を行っています。

作業3.ころがり軸受交換
ころがり軸受け等の部品を交換しました。

ギアの交換が済んだ様子の写真です。新しい部品になっていることが分かります。

作業4.その他消耗品交換
転がり軸受けやパッキン類を新しい物に交換後、組立作業を行いました。

新旧ベルトの写真です。写真上側に既存ベルト、下側に新しいベルトが置かれています。一目で新旧の違いが分かります。

作業5.ベルト交換
ベルトも新しい物に交換し、芯出し調整作業を行いました。

作業6.試運転調整
軸受けが正常に回転し、異音などの不具合が無い状態になっているかを確認しました。
また、ベルトの芯出し調整も行い、問題が無い事を確認しました。
しっかりと設置できているかどうかも確認しました。

再発防止のアドバイス

日頃からチェック、メンテナンスを行うことでこのような症状も未然に防ぐことができます。
また、定期的にグリスアップや検査を行うことで、事前に不具合が発見できると思います。
今回の事例のように異音や動作がおかしいなと感じたら異常があると思って間違いないです。
完全に動かなくなる前にメンテナンスを行うことで、大きな故障・大きな事故を予防できると思います。

施工場所(発注元)
群馬県内
対応企業
株式会社シュウワエンジニアリング
【本社】
〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

【組立工場】
〒370-0874 群馬県高崎市中豊岡町783

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。