ページガイド
トップページ » 株式会社シュウワエンジニアリング » 製鉄所うず巻ポンプ修理

株式会社シュウワエンジニアリング修理実績

製鉄所うず巻ポンプ修理

今回の案件は製鉄所で使用されている片吸込うず巻ポンプの整備修理になります。
このうず巻ポンプは砂礫の搬送に用いられています。
特に異変があった訳では無く、しばらく点検整備していないということから、点検整備のご依頼をいただきました。

状況確認

自社工場にてうず巻ポンプを分解したところ、ケーシング内部の腐食や錆が多く見られました。
このままで使用していると腐食がすすみ、機械の故障の原因になります。
グランドパッキンのランタンリングも腐食して破損していました。
こちらもグランドパッキン内の潤滑油等が漏れてしまい、腐食が進む原因になります。

定期的なメンテナンスを行っていればこのような腐食は抑えられますが、長い間メンテナンスをせずに使っていたためこのような状態になってしまいました。
その他各種部品も経年劣化しておりました。

点検整備を行わずこの状況で稼働させていますとポンプ能力不足となり、腐食が進みますと最終的にはポンプが動かなくなってしまいます。
最悪修理も不可能になってしましい、廃棄するしかなくなってしまいます。

状況について依頼主様にお伝えした上で見積もりを提示し、ご発注いただきました。

作業内容

  • ケーシング内クリアランスの錆び除去、点検、調整、清掃
  • ランタンリングの制作交換
  • ベアリングの交換
  • 各種消耗備品の交換
  • グリスアップ

今回はケーシング内の腐食が多く見られたのですが、ケーシングの摩耗はそれほど進んでいなかったため再使用できると判断し、錆を除去し錆止め塗装を施し再使用することとしました。
グランドパッキンのランタンリングは破損してしまっていたため、自社で新たに制作し取付けます。

作業工程

作業1
モーターを引取自社工場にて分解作業を行い、各所の点検整備を行いました。

修理を依頼されたうず巻きポンプ。

作業2
整備の為に分解をしたところ、内部に錆や腐食が多く確認できました。
お客さまは設置後特にメンテナンス等を行っていなかったということで、腐食や錆が大量に発生した要因だと思われます。

内部に見られた錆と腐食

作業3
ケーシング内部の腐食や摩耗が多く見られましたが、摩耗は進んでいませんでした。
ケーシング内の錆び取りや清掃を行い再使用しました。

ケーシング内の錆の様子

作業4
グランドパッキンのランタンリングが腐食して破損してしまっていましたので、ランタンリングを製作し交換しました。

腐食したランタンリング

作業5
ケーシング内の錆び除去と錆止め塗装を行いました。

ケーシング内の錆取りの様子
錆止めを塗ったあとのケーシング

作業6
ランタンリングを製作交換いたしました。

新たに製作したランタンリング

作業7
組込み完了後、現地にて組立後、試運転を行い異音、異常もなかった為お客様へ納品となりました。

修理が完了したうず巻きポンプ

再発防止のアドバイス

今回の件のように外見があまり腐食していなくても内部の腐食が進んでしまっていることもあるので、定期的なメンテナンスを行ったほうが良いかと思います。
グリスアップ等の簡単なメンテナンスでポンプの寿命も長くなります。
今回はポンプもまだ動いていましたが腐食がひどく、いつ止まってしまってもおかしくない状況でした。
少しでも不具合があれば分解メンテナンスをおすすめします。

施工場所(発注元)
群馬県内
対応企業
株式会社シュウワエンジニアリング
【本社】
〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

【組立工場】
〒370-0874 群馬県高崎市中豊岡町783

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。