機械修理業者様 募集中
ページガイド
トップページ » 株式会社テクニカデベロップメント » ポンプのオーバーホール

株式会社テクニカデベロップメント修理実績

ポンプのオーバーホール

某市の施設の高額ポンプのオーバーホールを行いました。
請負形態としては、メーカー直系のメンテナンス会社からの依頼です。

ポンプ施工前写真

【施工前】
高圧・高温の流体を送るため、各部に冷却水を注入しているポンプです。
メカクーラーというメカニカルシールへの注入水を冷却するものも併設されています。

分解前芯出し確認写真

【分解前芯出し確認】
分解前に初期の芯出し状態を確認しています。

ポンプ取外し写真

【ポンプ取外し】
小配管を取外し、水抜き後にケーシングからポンプを分離。
簡易門型治具を使い、取り外します。

分解完了写真

【分解完了】
完全に分解しました。

再使用部品・清掃完了写真

【再使用部品・清掃完了】
消耗品以外の部分は丹念に清掃し、各部の確認・手入れ等を行います。

寸法測定写真1
寸法測定写真2

【寸法測定】
重要部(能力や保守にかかわる部分)の寸法を100分の1ミリ単位で測定。
メーカーメンテナンス基準値に当てはめ、判定します。

組立中写真

【組立中】
全て基準値内であることを確認し、組み立てに入ります。
過去の数字の推移と比較し、次回整備時のご提案も報告書に記載します。

軸ブレ測定写真

【軸ブレ測定】
主軸の軸端の振れ幅の測定を行っています。
ポンプとモータの芯出し時の数値は厳密には軸芯ではなく回転芯同士の数値になります。
ここが狂っていないことも重要な要素の一つです。

ポンプ組立完了写真

【ポンプ組立完了】
ポンプ本体が組みあがり、復旧です。

据付中写真

【据付中】
軸継手がタイコ入りのコーンフレックスのため、ポンプとモータにはかなりの距離があります。

芯出し調整写真

【芯出し調整】
小配管を復旧し、ポンプに水張りをしてから芯出し調整を行います。
この対象機の基準値は面間・外周共に100分の10以内です。
この時は面間が100分の5、外周が100分の4に収めました。

据付完了写真

【据付完了】
後は試運転を待つのみです。
試運転時の計測内容は各軸受け部の振動全振幅・振動加速度・温度推移・均衡温度などと、電流値、各圧力から運転状態が適正であるか判断します。

施工場所(発注元)
神奈川県某市
対応企業
株式会社テクニカデベロップメント
【本店】
〒252-0824 神奈川県藤沢市打戻1868-13
TEL / FAX:0466-47-6767
【大和工場】
〒242-0025 神奈川県大和市代官1-16-1
TEL / FAX:046-211-0059

【対応エリア】
首都圏近郊(東京都、神奈川県主体)
その他近接地域

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。

お問い合わせ