機械修理業者様 募集中
ページガイド
トップページ » 株式会社テクニカデベロップメント » ブロワー装置の水没からの復旧

株式会社テクニカデベロップメント修理実績

ブロワー装置の水没からの復旧

該当施設は2か月ほど前に機械室が浸水。
水没してしまった機器の内の一つ、ブロワー装置が全く起動できない状態でした。

【施工前】
ブロワ―装置を水没から復旧させる施工前見た目は特に何ともありませんが、モータの絶縁抵抗値はほぼ0MΩ。
理論値では1MΩ以上で三相誘導モータは起動しますが、実際にはやはり陸上設置の場合、100MΩ近くまでは欲しいところです。
ちなみに水中モータの場合はもう少し低めでもやむを得ない場合が多いです。

【分解中】
ブロワ―装置の分解中今のところ、まだ水は出てきません。

【モータブラケット取外し】
ブロワ―装置のモータブラケット取外し
ブラケットを外すと、内部に溜まっていた水が流れ出しました。
主軸の下部までが水たまりになっていた模様。

【分解完了】
ブロワ―装置の分解完了
空気の通り道にヘドロのようなものが多量に入っていました。
勿論、この時点でも絶縁抵抗値はほぼ0です。

その後、コイルの損傷がないかを確認し、コイルを乾燥させていくと、絶縁抵抗は復帰してきます。
おおよそ1時間の乾燥処置にて絶縁抵抗値は100MΩ以上となり、全く問題ない状態に復帰しました。

【清掃・乾燥後コイル状況】
ブロワ―装置の清掃・乾燥後コイル状況
かなりきれいになりました。
他には、軸受(ベアリング)のみ問題がありました。

【清掃・手入れ完了状況】
ブロワ―装置の清掃・手入れ完了
再使用部品の清掃手入れを行い、ベアリングを交換して組み立てます。

【施工完了】
施工完了試運転を行い、問題は見られませんでしたので、施工完了です。

このように、一度浸水してしまったモータでも、浸水状態で無理に起動を繰り返すなどの負荷を与えなければ復旧させられることの方が多く見受けられます。

今回の案件では制御盤もある程度浸水しましたが、一報をいただき、適切な処置を行ってもらうことにより全滅は避けられました。

突然、ろ過循環が行えなくなるという事態がありましたが、緊急連絡をいただき、制御盤内のリレーの接触不良により運転条件が揃わなくなっていることを発見。
当日中に復旧させることができました。

施工場所(発注元)
千葉県鎌ヶ谷市
対応企業
株式会社テクニカデベロップメント
【本店】
〒252-0824 神奈川県藤沢市打戻1868-13
TEL / FAX:0466-47-6767
【大和工場】
〒242-0025 神奈川県大和市代官1-16-1
TEL / FAX:046-211-0059

【対応エリア】
首都圏近郊(東京都、神奈川県主体)
その他近接地域

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。

お問い合わせ