ページガイド
トップページ » 株式会社長田加工 » バイクのPEタンクのヒビ割れ修理

株式会社長田加工修理実績

バイクのPEタンクのヒビ割れ修理

機械修理.com経由でバイクのPEタンクの修理の依頼がありましたので対応いたしました。

まずは現状把握の為写真を送っていただきましたがヒビの状況の把握が難しかったので、何点か注意事項を説明させていただいた後にタンクを送っていただきました。

ヒビの現状を把握

現状を把握させていただいたところ、ヒビの幅がそんなに広くなくタンク自体もしっかりしていて溶接修理が可能でしたので、早速修理に取り掛からせていただきました。

汚れを落としきれいにした後、PE溶接

まずは修理個所の汚れを落としきれいにした後、PE溶接でヒビを埋めて液漏れを抑えました。

バリや肉盛り部分を平滑に仕上げ

今回はなるべく外観をきれいにしたいという事でしたので、溶接後のバリや肉盛り部分をなるべく平滑に仕上げました。
このとき肉盛りをあまりとりすぎてしまうと、強度が弱くなってしまい再度液漏れする可能性が出てしまうので注意が必要となります。

PEタンクは基本的に成型品となりますので用途によって作り方が異なります。
写真で判断できる場合もありますが、可能であれば現物を確認させていただくのが一番いいと思います。
大きくて送れない場合は、出張の経費がかかる場合もありますが現地へ確認に伺う事も可能ですので、その際にはお気軽にお問い合わせください。

施工場所(発注元)
神奈川県秦野市
対応企業
株式会社長田加工
〒400-0112 山梨県甲斐市名取494-2
TEL 055-276-1679/FAX 055-279-0980

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。