機械修理業者様 募集中
ページガイド
トップページ » エムケー機械サービス株式会社 » 圧縮機本体焼付、オイル劣化修理

エムケー機械サービス株式会社修理実績

圧縮機本体焼付、オイル劣化修理

圧縮機本体焼付、オイル劣化修理
今回はパッケージレシプロコンプレッサーの修理です。
状況は圧力上昇が遅く、時々過負荷保護装置(サーマル)が作動する。
又、工場内のエアーにオイルが混入するとのこと。

圧縮機本体焼付、オイル劣化修理
まずは原因調査です。
クランク室のオイルを抜き取り点検すると、オイルがタール状になっていました。
ここまで劣化していると、ピストン・ベアリングやコネクティングロッドの潤滑不足にて焼付が考えられます。

圧縮機本体焼付、オイル劣化修理
高圧側の吸入逆止弁です。弁の先端が欠損しています。

圧縮機本体焼付、オイル劣化修理
低圧側の吸入逆止弁のオーバーホール実施。
カーボンを除去し、弁の交換をしました。

圧縮機本体焼付、オイル劣化修理
低圧側の吸入逆止弁です。欠損は有りませんが、カーボンが付着しています。

圧縮機本体焼付、オイル劣化修理
高圧側の吸入逆止弁です。焼付がひどく新品に交換しました。

圧縮機本体焼付、オイル劣化修理 圧縮機本体焼付、オイル劣化修理
ピストン・クランクケース内の清掃をし、組立するとオ-バーホール完了です。

圧縮機本体焼付、オイル劣化修理
完成し、機械内の外装の汚れを取り、納品です。

対応企業
エムケー機械サービス株式会社
  • 【本社】
    長野県松本市大字中山1504-3
  • 【山梨支店】
    山梨県甲府市上曽根町3662-11

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。

お問い合わせ