機械修理業者様 募集中
ページガイド
トップページ » 株式会社テクニカデベロップメント » FRP製品の製作・施工

株式会社テクニカデベロップメント修理実績

FRP製品の製作・施工

弊社では、FRP(繊維強化プラスチック)製品の製作・施工が可能です。
今回は、温浴施設で浴槽を循環しているポンプに必須のヘアキャッチャー(除毛器)を製作・施工いたしました。

別件で温浴施設を訪問していた時に、お店の店員さんから「ヘアキャッチャーの清掃をしていたら、漏水するようになってしまった」と報告を受けました。
すぐに拝見したところ、ヘアキャッチャーの蓋のOリングがやせている事と、本体のふちが変形している事が解りました。
温浴施設の点検を行っている事から、「これは交換しないと直らない」と直感しました。

その時には、やせてしまったOリングと同一線形のものを持ち合わせていなかったため、少々の加工を加えてとりあえず漏れないように応急処置をおこない、後日、採寸と見積をすることになりました。

既存状態(数日後にボルトも抜け落ちた状態)

見積書を提出し、即OKをいただけましたので製作に入りました。

  • 製作中製作中
  • 製作中(塗装工程)製作中(塗装工程)

今回は、通常のコート仕様ではなく、耐蝕仕様にすることとしました。
(塩素による劣化に特に強い)
通常のメーカー製品ではあまり見られません。
コストは約1割弱の上乗せで、塩素による劣化に非常に強くなります。

また、ドレンの取出し口が割れてしまったり、ボルト埋め込み部が割れてしまう事例が多いため、補強を施しています。
通常パテ埋め処理のところをFRPを張ったり、取付面積を増やしたりしています。

  • 画像はドレン部画像はドレン部
  • 今回は2台発注いただきました。今回は2台発注いただきました。

もちろん、FRP部分だけでなく、内部の除毛網(標準仕様:SUS)やアクリル蓋なども製品の一部になります。

よく、従来のヘアキャッチャーでは「メートルコック」という内部がテーパーのメタルタッチの物が見受けられますが、一般のお客様には扱いが面倒だったりするので通常のボールバルブをエア抜きバルブにしています。

  • ヘアキャッチャー交換中ヘアキャッチャー交換中
  • ヘアキャッチャー交換後ヘアキャッチャー交換後

一連の作業のポンプの起動停止やバルブ操作、試運転確認まで全てお任せいただき、問題なく完了いたしました。

ヘアキャッチャーや、FRP製品(ろ過タンク・ドレンパン等)でお困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

施工場所(発注元)
横浜市内
対応企業
株式会社テクニカデベロップメント
【本店】
〒252-0824 神奈川県藤沢市打戻1868-13
TEL / FAX:0466-47-6767
【大和工場】
〒242-0025 神奈川県大和市代官1-16-1
TEL / FAX:046-211-0059

【対応エリア】
首都圏近郊(東京都、神奈川県主体)
その他近接地域

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。

お問い合わせ