ページガイド
トップページ » 株式会社テクニカデベロップメント » エアーバタ弁(バタフライバルブ)の修繕

株式会社テクニカデベロップメント修理実績

エアーバタ弁(バタフライバルブ)の修繕

今回は自動制御弁の中のエアー式のバタ弁(バタフライバルブ)の修繕の案件です。

作業前所見

エアー式のバタ弁の場合、エアーのポート制御は「集中式」と「個別式」に分かれます。
今回の対象機は個別式の方で、個々のバタ弁の頭にポートを背負っています。
そのため、バタ弁は弁本体・シリンダー部・ポート及び電磁弁の3部位に分かれます。
そういった中でも、今回は同じ水処理ユニット内で2カ所に不具合があり、それぞれの損傷部が違っていた案件となります。

現地調査により、Aは弁本体で、Bはポート及び電磁弁に不具合が確認されました。

このエアー式バタ弁は、既に既設品は廃番になっており、部分的に新旧型番に互換性がない事が過去の調査により解っています。

弁本体 ⇔ シリンダー部:新旧互換無し
シリンダー部 ⇔ ポート及び電磁弁:新旧互換あり

そして、購入可能なセットは下記になります。

  • シリンダー部:シリンダー部+ポート及び電磁弁
  • ポート及び電磁弁:個別購入可能
  • 弁本体:個別購入可能
  • シリンダー部を購入する場合はポート及び電磁弁はついてきてしまいます。

実は、Aは過去一年以内にユニットごと交換していました。
(今回損傷は別途事由による)
その際Aが損傷した時はシリンダー部の損傷だったため、シリンダーを交換する必要がありました。
新旧の弁本体とシリンダーに互換性がないため、シリンダーと同時に弁本体の交換も必須で、さらにシリンダーにはポート及び電磁弁もついてきてしまいます。
そのため、結果的にすべての部品が揃い、ユニット(3点セット)交換していました。

今回はというと……

  • A:新型番ユニットで弁本体破損
  • B:旧型番ユニットでポート及び電磁弁破損

ということで、それぞれの互換性と同時購入のパターンから言って、AもBも各部品のみの交換で修繕可能となりました。

作業工程

    • 青丸 シリンダー部
    • 赤丸 ポート及び電磁弁
    • 黒丸 弁本体
  • 対象機は2つでも、各個別の部品のみなので、交換部品はこれだけです。(左が弁本体、右がポート及び電磁弁)
  • 弁本体の交換前
  • 弁本体撤去後
  • 弁本体交換後
  • ポート及び電磁弁の交換前
  • ポート及び電磁弁の交換後

それぞれに動作チェックして完了です。

最小限のメンテナンスで必要な改善を

今回のようにメーカーで型式が更新されても、どことどこの部位に取付互換性があるかどうかなど、ほとんどの物が調査可能です。
ご要望と機器の状態に応じて、最小範囲での交換やメンテナンスの調査・施工が可能です。
お気軽にお問い合わせください。

施工場所(発注元)
藤沢市内
対応企業
株式会社テクニカデベロップメント
【本店】
〒252-0824 神奈川県藤沢市打戻1868-13
TEL / FAX:0466-47-6767
【大和工場】
〒242-0025 神奈川県大和市代官4-19-25-4
TEL :046-200-9272

【対応エリア】
首都圏近郊(東京都、神奈川県主体)
その他近接地域

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。