ページガイド
トップページ » 株式会社シュウワエンジニアリング » リフター改造交換点検整備

株式会社シュウワエンジニアリング修理実績

リフター改造交換点検整備

モーターの故障により、リフターが動作しなくなったということで、修理のご依頼をいただきました。
機械の調査をしたところ、常にブレーキモーターが効いてしまっている状態だったので、「ブレーキモータが必要な時にだけ入切するようにした方が良い」という提案をいたしました。
今回の原因がモーターの焼き付けによるものだったからです。

設備用途

食品をリフトで上げ、高い位置から食品加工機に投入する設備です。
運転ボタンを押すことで、リフターが自動で高い位置にある投入場所まで上がり、投入をおこないます。
そしてまた元の位置まで戻ってくるという仕組みです。
ボタン一つで高い位置から速やかに食品を加工機に投入できます。 

受注内容
リフター改造交換取付
モーター、リミットスイッチ、分電盤リレー追加交換点検整備
作業範囲
  • 改造
  • 分解
  • 整備
  • 部品交換
  • 組立取付設置
  • 試運転調整

不具合状況

  • モーターの焼き付けにより、動作しない現象が発生していました。
  • モーター内部の、ブレーキモーターを入切する為の電気回路の配線がなかったために、モーターに常にブレーキがかかっている状態で作動していました。そのために焼き付けが起こったと思われます。
  • モーターとの接続箇所の芯出しがずれていました。
  • ガイドローラーが破損していました。

  

作業内容

モーターを新品の物と交換するため、設備を構成するモーターやリミッターの手配、設置、交換が主な作業となります。
ブレーキモーターのブレーキを入切するために配電盤に電気回路の追加を行う必要があります。
今回は「リフター交換改造取付」として行いました。

整備状況

モーターとリミッターを新品のものに交換しました。  
モーターの台座にスペーサーを入れて芯出しを行い、ボルト等の部品を交換して整備を行いました。
リフターが所定の位置まで来たらブレーキがかかるように、ブレーキモーターの入切を自動で行うための配線やリレーを配電盤に追加し、作動するようにしました。
ガイドローラーが破損していたので新しいものをNCナイロンで作成し、交換取付けしました。
               

試運転調整

装置を稼動させて「ブレーキモーター」「リミッター」「配電」が正常に動作する事を確認しました。
モーターの芯がきちんとでていて正常に動作し、所定の位置まで来たらブレーキが入切することを確認しました
モーター部にカバーを取付けて終了になります。

作業のポイント

弊社は電気設計回路にも携わっている者がおりますので、このような提案や修理も行うことができます。
その他に不具合箇所が無いか調査し、交換取付改造以外にグリスアップ等も行わせていただき作業終了となりました。

施工場所(発注元)
群馬県内
対応企業
株式会社シュウワエンジニアリング
【本社】
〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

【組立工場】
〒370-0874 群馬県高崎市中豊岡町783

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。