ページガイド
トップページ » 株式会社シュウワエンジニアリング » 汎用コンプレッサ修理

株式会社シュウワエンジニアリング修理実績

汎用コンプレッサ修理

今回は汎用コンプレッサの修理を承りました。
コンプレッサは動きだすと、基本的には24時間365日稼働している現場が多いと思います。
どんなに優秀な機械でも、毎日少しずつですが部品の摩耗等が起こり、性能は低下していきます。
日々のメンテナンスが重要な機械となります。
今回ご依頼いただいた案件は、機械を分解したところ損傷の激しい部品がいくつかあり、消耗部品も含めて交換することで対処しました。

作業内容

  • 分解調査
  • 整備(部品交換)
  • 試運転調整

工程

コンプレッサ(明治機械製作所製)
  • コンプレッサ(明治機械製作所製)
シリンダブロック
  • シリンダブロックシリンダブロックをはずして弁の状態を確認します。
  • 弁片方の弁は変形しており、交換が必要です。
ピストン
  • ピストンピストンは洗浄してそのまま使います。
組立て後
  • 組立て後片方のシリンダブロックは交換(濃い青色)
試運転調整
  • 試運転調整圧力ゲージにより、空気圧の試験を行います。

日常点検の奨め

様々チェックするべき項目はありますが、最低限下記については毎日点検するようにしましょう。

  • 電光掲示上のエラー
  • オイルタンクの油量
  • ドレン配管からの排出

これら日常の点検を行なうことで、部品交換のタイミング等が予想できるはずです。
無理な状態で運転を続けることが無いように心がけましょう。

施工場所(発注元)
群馬県内
対応企業
株式会社シュウワエンジニアリング
【本社】
〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

【組立工場】
〒370-0874 群馬県高崎市中豊岡町783

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。