ページガイド
トップページ » 株式会社シュウワエンジニアリング » テーブル式リフターの修理

株式会社シュウワエンジニアリング修理実績

テーブル式リフターの修理

某紙製品製造会社で使われているテーブル式リフターの修理を承りました。
テーブル式リフターとは、テーブルがパンタアーム(X字状アーム)を介して水平に昇格する装置です。
パンタアーム間に設置されているシリンダーの推力により、パンタアームを開閉してテーブルを昇降させます。

不具合内容

この機械のケースでは、アーム部のピンの取り付け部の損傷部が酷く、起動してもまともにアームを上げることができずに、使い物にならない状態でした。
そのためアーム部と滑車動作部のフレームをまっすぐの状態に補正し、磨耗した軸部分を修復する必要があります。

今回の作業内容

  • 湾曲したフレームの補正
  • アーム部とシリンダーを繋げる為のピンの製作・交換
  • ピンを取り付ける穴の補正
  • 滑車をスムーズに動かす為の下部フレームの補正
  • 現地での組立て・設置

作業工程とポイント

平成29年11月3日、作業を開始しました。

  • まずは修理をするため、各部品に分解していきます。
  • 接触部及び穴が磨耗していた為アーク溶接修復しました。

  • 湾曲したパンタアームのフレームを補正しました。
    その際、フレームの湾曲部分をプロパンガスを使ったバーナーで温め、更にアセチレンを使ったガスバーナーで炙ることで熱を冷ましにくくし、その後ハンマーで叩くことによって効率的に補正をおこないました。

  • アーム部とシリンダーを繋げる為のピン(図1)を新たに作成し、磨耗したもの(図2)と交換しました。

    • 図1
    • 図2
  • アームの滑車部がスムーズに動くように下部フレーム(図3)を2mmほど広げました。
    下部フレームはレバーブロックとアセチレンバーナーで補正を行ないました。

    • 図3
  • 納品日当日に納品先の工場で修理したリフターの取り付けを行ないました。
    また再度下部フレームの調整を行ないました。

このような事態を防ぐために

今回のように軸部分の磨耗を防ぐには、少なくとも半年に1回は接触部に油をさすようにして下さい。

施工場所(発注元)
群馬県桐生市
対応企業
株式会社シュウワエンジニアリング
【本社】
〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

【組立工場】
〒370-0874 群馬県高崎市中豊岡町783

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。