ページガイド
トップページ » 株式会社シュウワエンジニアリング » 大型チェーン・スプロケット交換

株式会社シュウワエンジニアリング修理実績

大型チェーン・スプロケット交換

工場の設備のモーターに付いているチェーンとスプロケットの交換を行いました。
一般的にスプロケットという名称はあまり耳にされることが無いかもしれませんが、チェーンと組み合わせで使われる歯車のことです。
自転車のチェーンと、タイヤの軸についている歯車をイメージされると分かりやすいと思います。

状況確認

チェーンの動きが鈍いという事でご連絡があり、現場調査を行いました。
チェーンカバーを取り外し確認をしたところ、チェーンの劣化や錆などが発生していました。
屋外で長期間使われている状態のチェーンだったため、錆が多く発生してしまい、動きが悪くなっている状態でした。

チェーンカバーを外したところの写真。チェーンの太さが10cm程度、スプロケット(歯車)が60cm程度に見えます。チェーンもスプロケットも錆で黒ずんでいる状態です。

今回は動きが良くないという段階でチェーンの不具合に気付かれたため、大きな故障にはなっていませんが、このまま使用されているとチェーンの動きがとても悪くなってしまい、最悪モーターに負荷がかかり壊れてしまう事にもつながります。

現場調査の結果、機器の状態と修理方法とお見積もりをご依頼主さまにお伝えしたところ、新しいチェーンとスプロケットに交換することになりました。

作業内容

  • チェーン交換作業
  • チェーン張り作業
  • スプロケット交換作業
  • グリスアップ

整備工程

チェーンを取り外すためにスプロケット(歯車)の固定部に手をかけている写真です。

作業1.取り外し
チェーン交換を行うためにチェーンとスプロケットを取り外します。
取り外す際には専用工具を使います。

新旧チェーンを並べてある写真です。左が新品で、右の既存チェーンと比べて明らかにきれいな状態です。

作業2.チェーン交換
左の新しいチェーンに交換しました。
取り付け時はカシメツールでチェーンを鉸め、テンションをかけて取り付け完成です。

新旧スプロケット(歯車)が並んでいる写真です。こちらも右の既存スプロケットよりも左のスプロケットの方が明らかにきれいです。

作業3.スプロケット交換
スプロケットの交換も行いました。
既存のスプロケットには歯の部分に摩耗も見られます。
取付ける際にはチェーンとスプロケットにグリスを付けてから取付けます。

作業4.完成検査・試運転
試運転の結果異音もなくなりスムーズに動くようになりました。

再発防止のアドバイス

可動部の点検とグリスアップを定期的に行うことで、このような症状も未然に防ぐことができます。
今回のように異音が少しでも聞こえたら、モーターの点検や修理を行うことを心がけましょう。
小さな症状のうちに対応しておけば、大きな故障にはなりません。

シュウワエンジニアリングでは、チェーンとスプロケットのような駆動部の定期メンテナンスも数多く承っています。
お気軽にお問い合わせください。

施工場所(発注元)
群馬県内
対応企業
株式会社シュウワエンジニアリング
【本社】
〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

【組立工場】
〒370-0874 群馬県高崎市中豊岡町783

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。