ページガイド
トップページ » 株式会社日向精工 » 接合機の油圧シリンダパッキン交換作業

株式会社日向精工修理実績

接合機の油圧シリンダパッキン交換作業

貴金属加工業者様から、工場で使用している接合機のシリンダーから油が漏れているとのご連絡をいただきました。
ご依頼内容は「シリンダー交換」ですが、まずは現地調査から開始します。

今回の対象となるものは「直動シリンダー」です。
確かにオイル漏れは確認できましたが、ポイントはロッドの状態。
ここに傷がついているかどうかが、対応方法を判断する基準となります。
確認したところ、大きな傷はありません。
ここの傷がある場合、隙間ができてオイルが漏れてしまうことがあります。
そうなるとシリンダーのユニットごと交換する必要がありますが、今回のように傷がない場合にはパッキンの交換だけで済むケースがほとんどです。
パッキンは経年劣化がありますので、数年ごとにどうしても交換する必要があります。
部品だけの交換で済む場合、ユニットごと交換する場合と比較すると1/4程度の費用で解決することが可能です。
その点を説明し、今回は部品交換をおこなうことでご納得いただきました。

今回苦労した点は、装置が大型で交換する部品がかなり高い位置にあるという点と、その部品がかなり重いという点です。
幸い天井に使用されている鉄骨を使うことができましたので、チェーンブロックを使って部品の上げ下げをすることができました。

作業工程

  • 装置外観装置外観
  • 装置周辺の片づけ、養生装置周辺の片づけ、養生
  • パーツの上げ下げ用にチェーンブロックを設置パーツの上げ下げ用にチェーンブロックを設置
  • シリンダ分解中①シリンダ分解中①
  • シリンダ分解中②シリンダ分解中②
  • シリンダ分解中③シリンダ分解中③
  • ピストン・カバーを持ち帰り、清掃及びパッキン類の交換ピストン・カバーを持ち帰り、清掃及びパッキン類の交換
  • 組み直し中①組み直し中①
  • 組み直し中②組み直し中②

部品を持ち帰った後、清掃と部品交換の作業は1時間程度で済みました。
こうして見返すと、実際の作業としては着手から完了まで全くトラブルもなく、きわめてスムースに対応することができました。
重要なのは、装置の状況をしっかり見極めて、最適な提案を行い、着手前にしっかり段取りするという、基本中の基本です。

結果的にはメーカーに依頼するよりもローコストで対応することができ、問題のオイル漏れも解消し、快適に使用できています。
弊社のこれまでの経験を活かすことで、お客さまに喜んでいただくことができました。

施工場所(発注元)
山梨県甲府市
対応企業
株式会社日向精工
〒406-0854 山梨県笛吹市境川町寺尾3773
TEL 055-266-4137/FAX 055-266-4168

流れ

  1. STEP①お問い合わせ

    本サイトのお問い合わせフォームから、できるだけ詳細情報を入力して送信してください。
    詳しい情報をいただけますと、精度の高いご返答を期待いただけます。

  2. STEP②機械修理.comから
    ご依頼主に連絡

    専門スタッフが検討し、対応可能な企業を選定します。
    タイミングが合えば即日、遅くとも1営業日には連絡いたします。

  3. STEP③対応企業から
    ご依頼主に連絡

    直接ご依頼主とお打ち合わせいただくことで、納得のいく内容が期待できます。